プロペシアの効果と効能ガイド

注目を浴びている プロペシアの効果や作用、価格などについて。

プロペシアの効果と効能ガイド・TOP > 発毛までのメカニズム
発毛までのメカニズム

プロペシアは男性型脱毛症に効果を発揮する育毛剤です。男性型脱毛症とは、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンというホルモンに変わり、このホルモンが毛母細胞の働きを抑えるタンパク質を作ることによって発生します。

テストステロン+5αリダクターゼ=ジヒドロテストステロン
→毛母細胞の働きを抑えるタンパク質

プロペシアは5α-リダクターゼの働きを抑え、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを抑制する働きがあるため、男性型脱毛症を予防・改善してくれるのです。

日本での臨床試験では1年間の使用で約6割の方に効果が認められ、アメリカにおける5年の臨床試験では約9割の使用者に効果が現れています。

ただし、プロペシアが効果を発揮するのは男性型脱毛症に対してだけです。男性型脱毛症とはホルモンの影響によって発生する脱毛症で、徐々に生え際の後退するM字型、頭頂部が薄くなっていくO型など、典型的な薄毛症状を指します。

円形脱毛症や老人性脱毛症は脱毛のメカニズムが異なるため、プロペシア使用以外の治療法をおすすめします。

プロペシアの副作用については諸説ありますが、臨床試験の結果を見る限りプラセボ群(偽物の薬を与えられた患者)との違いはほとんどありません。

つまり、副作用があるらしいという思い込みが、時として性欲減退などの症状を引き起こすケースが考えられます。副作用が皆無、というわけではありませんが、ドラッグストアで市販されている胃薬や風邪薬と同程度の安全性は確保されているものと見て大丈夫です。安心してお使いください。

関連エントリー

Copyright (C) プロペシアの効果と効能ガイド . All rights reserved